• TOP
  • LAB
  • 原野 守弘
  • No.02 - 巨大木琴の奏でるバッハ、TVCM『森の木琴』(2011)

ARTICLE'S TAGS

LAB

原野 守弘Morihiro Harano

02巨大木琴の奏でるバッハ、TVCM『森の木琴』(2011)

間伐材でできた44mの巨大な木琴が、バッハのカンタータ 第147番「主よ、人の望みの喜びよ。」を奏でます。間伐材で作ったケータイ「TOUCH WOOD SH-08C」のためのプロモーション映像。米国・AdAge誌の「The Best 10 TVCs 2011」や「TED: Ads Worth Spreading 2012」に選出されたほか、“米国のクリエイティブディレクターが最も嫉妬する作品”の第一位にも選ばれるなど、日本を代表するテレビコマーシャルの一つとなりました。

OK Goのメンバーと知り合うきっかけになるなど、人生の転機となった作品です。公開は、奇しくも2011年3月11日、あの日。すべてのテレビコマーシャルが放送自粛になり、未曾有の混乱の中で忘れられた作品となっていたのを、ニューヨークタイムズの記者が偶然見つけて記事にしてくれたのをきっかけに、世界に拡散していきました。

九州大学の学生とのコラボレーションで実現した作品でもあります。製作者たちの苦労が垣間見えるメイキングオブ映像はこちらから。

 

原野 守弘/はらの もりひろ

WRITER

原野 守弘/はらの もりひろ
株式会社もり代表。クリエイティブディレクター。経営戦略の立案からプロダクトデザイン、メディア企画、広告のクリエイティブディレクションまで、広範囲な分野で一流の実績を持つ。代表作に『森の木琴』『OK Go: I Won’t Let You Down』『Pola Dots』など。D&AD Yellow Pencil、カンヌ広告祭 金賞、グッドデザイン賞 金賞など、国内外での受賞も多数。

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw