• TOP
  • LAB
  • 萩田 紀博
  • No.01 - 人とロボットが共生・共創する未来へ

LAB

萩田 紀博Norihiro Hagita

01人とロボットが共生・共創する未来へ

私はこれまで、大学時代は今はやりのニューラルネット、NTT在籍時には、文字・画像認識の研究を進めた後、カリフォルニア州立大学バークレー校にも客員研究員で滞在していた際には、視覚心理学を研究していました。

その後、「見る、聞く、話す、考える」など、ロボット単体の知能にまつわる研究マネジメントをしました。2001年にATR(国際電気通信基礎技術研究所)に移り、メディア情報科学研究所、知能ロボティクス研究所の立ち上げに携わり、ロボット、視聴覚・嗅覚・力覚、音楽知育メディアを含めたインタラクションメディアを研究するように。同時に、複数台のロボットとセンサーネットワーク、スマホなどがネットを通じて連携する「ネットワークロボット」の研究を立ち上げ、ロボット単体ではできない案内・接客・漫才などのサービスを研究開発してきました。

そして今の主な研究テーマは、人とロボットが共生・共創するための情報通信技術(ICT)と、人工知能とロボット技術のシステム融合です。

例えば、大阪南港を拠点に実際のロボットサービスを展開し、ロボットが人のやりかたを真似てビラ配りが上手になっていったり、やってはいけないこと/やってほしいことをロボット自身が理解したりしていくなど、社会常識を学習することを目指しています。

また、奈良先端科学技術大学院大学とも連携して、車いすの快適な自動走行や、独居高齢者とロボットとの楽しくなるコミュニケーション環境の創り方など、「快適知能」を研究しています。JSTの戦略的創造研究推進事業(CREST)においては、「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」という最先端科学技術研究プロジェクトの研究総括をしています。

さて、来年度から始まる私のラボのテーマは、「人と機械が共生・共創するアートサイエンス作品を科学・創造しよう」です。

センサーネットワークと連携し、街角で案内をしたり、コンビニで商品を推薦したりするロボット。カワいいロボットとふたりぼっちのコミュニケーション環境をつくる。

ロボット1台に音声・画像認識を組み込んでいくと、システム処理が重たくなります。これを防ぐために、インターネットのクラウド上にこれらのアプリを使う時代になりました。そこで、ロボット、センサ、インターネットなどが連携して、ロボット1台では創れなかった新しい作品を創っていきたいと思います。

さらには、防犯カメラのように、環境に何台も設置されたセンサとも連携できるようになると、ロボットがショッピングモールで自ら動き、インタラクティブに人とも対話する作品を紹介することもできるでしょう。ATR(国際電気通信基礎技術研究所)の国際的研究者とも連携して、このようなロボットと共生・共創するアート作品を創っていきましょう。

古代ギリシアのtechneでは、アートも医学も音楽も同じモノでした。アートもサイエンスも元々は同じだったのです。このアートサイエンスを立ち上げるには、古代ギリシアから現在までに、いろんなアーティストが作品を創り、サイエンティストが新原理・概念を提案してきたこともわかりやすく学習してもらいたいと思います。授業や研究では、まず歴史に学びつつ、最新の科学技術も取り入れていきたいと思います。この先、今のスマホやパソコンなどが人工知能を持ったロボットに置き換えられていくことでしょう。そのとき、ロボットに対するアートのセンスがもっともっと必要になってきます。ロボットが人と共生・共創するアートサイエンスを実践していきたいと思います。

これからのアーティストは、全世界をまたにかけたグローバルな活躍ができることが当たり前になるでしょう。そのためには、I have to doという気持ちで英語や語学を覚えるのでは無くて、I am eager to doという気持ちで作品を創る過程にグローバルなコミュニケーションを採りいれた授業を皆さんと一緒に実践していきたいと思います。

先生が一方的に教える授業だけでなく、皆さんの英語や日本語などで意見・アイディアを出し合う環境の中で、授業や研究活動を進めていきたいと思います。歴史も知っている、科学技術もわかる、グローバルに羽ばたいていける、インターナショナルなアートサイエンティストになることを実践してみませんか?

 

萩田 紀博/はぎた のりひろ

WRITER

萩田 紀博/はぎた のりひろ
1954年秋田県生まれ。ロボティクス研究者。慶應義塾大学大学院工学研究科修了。「国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所」所長として、人々の暮らしをロボット技術でサポートする研究開発を行う。同研究所が開発したロボットには、遠隔操作型アンドロイド『ジェミノイド』、抱き枕型通信メディア『ハグビー』などがある。

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw