• TOP
  • LAB
  • インタラクティブアートのこれから

LAB

2016.08.15

インタラクティブアートのこれから

TEXT BY 市川 衛

インタラクティブアートのこれから

「Kinect」互換センサーの「Xtion PRO LIVE」を使用したインタラクティブミュージック作品『Hands Groove』。

私はアート&エンターテインメント領域の中でも、主にインタラクティブ表現を中心に、鑑賞者やユーザーの中に生まれる創造や体験を本質とする作品の制作を提案・指導していきたいと考えています。

アナログとデジタルの手法を区別することなく、領域の壁を超越した自由な創造性を重視していきたいのです。

特に、「アートサイエンス」の中核をなすのがインタラクティブな表現でもあるので、様々な形態によるインタラクティブなアートエンターテインメントの構想をしていくことができると考えています

私のラボでは、例えば、ファブラボによる個人創造の幅の拡張をしながら、VRやアクションカメラなどを用いた新たな映像表現の幅を広げていくようになるでしょう。

そこで、この「LAB」のコーナーでは、以下のようなテーマを綴っていきたいと考えています。

・インタラクティブアート表現のためのテクノロジー

・インタラクティブ表現考

・日本文化はインタラクティブ表現の宝庫

・造形インタラクティブの可能性

・音楽におけるインタラクティブ性

ここ数年の間にテクノロジーを利用した表現の可能性は飛躍的に向上したと同時に、制作環境が進化し、芸術系の学生にとっても非常に親和性のあるものとなりました。

これからアートサイエンス学科を訪れる学生の皆さんには、時代の変化を敏感に感じながら、時代の最先端の空気を大いに吸って、自分が本当にやりたいことを見つけて、自己の創造性を育んでほしいと思っています。

 

CREDIT

Img article01
TEXT BY 市川 衛
1955年静岡県生まれ。インタラクティブアーティスト。京都大学卒業。インタラクティブアートを中心に、映像表現、メディアパフォーマンス、アプリケーション開発、デジタルコンテンツ制作、即興演奏を主とする音楽表現、造形インタラクティブ、童話創作など活動は多岐にわたる。自由な発想と創造力でデジタルとアナログの垣根を超えた多領域の表現活動を行う。

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw