• TOP
  • What is Art Science(FOR YOU)?

メモ・アクテン

2017.12.04

メモ・アクテン

ARTIST

サイエンスは新しいアートを見せてくれるツールのひとつである一方で、何が美しいのか、そこにどんな意味があるかを「目に見えるもの」として提示することがアートです。
新たなサイエンスやテクノロジーが登場することで、今まで見えてなかったものが見えてくる。その表現の先に、新しいアートが生まれてくると思うんです。
 
また、友人のメディアアーティスト、ゴラン・レヴィン(Golan Levin)と共にトークショーに登壇していたとき、彼はピカソの言葉を引用して、「人間は生まれながらにしてアーティストだが、大人になるにつれて忘れていく」という話をしていました。
 
面白いことに、同時に私はSF作家のカール・セーガンの言葉「人間は生まれながらにして科学者だが、大人になるにつれて、自分の中の科学者を追い出してしまう」を引用したんです。つまり、私たちはまったく同じ内容をそれぞれ「アーティスト」と「科学者」という単語を使って話していたんです。
 
サイエンスは客観性をもった確固たる事実を探求し、アートは個々の主体のまなざしから真実を追求していく。私個人としては、ある自然現象や物理現象の中から出現するプロセスを観測することに興味がある。そこにはアートとサイエンスに大きな違いはありません。

PROFILE
メモ・アクテン/Memo Akten
自然、科学、技術、倫理、儀式、伝統、宗教の衝突を探求する媒体としてコンピュータ/プログラミングを扱うアーティスト。批判的アプローチと概念的アプローチを形式、動き、音の研究に組み合わせることで、彼は自然と人為的プロセスのデータ劇を創造する。現在は、ゴールドスミスのロンドン大学で人工知能と表現力豊かなヒューマンマシンの相互作用の博士号を取得中。彼の作品は国際的に展示され演奏され、本や学術論文にも掲載されている。 2013年、Quayola、 'Forms'とのコラボレーションでPrix Ars Electronica Golden Nicaを受賞。
http://www.memo.tv/category/work/by-type/

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw