• TOP
  • What is Art Science(FOR YOU)?

池上高志

2016.06.04

池上高志

SCIENTIST, ARTIST

人間の体験の幅を大きく広げて、新しい体験、新しい「自然」現象を作り出すことがますます可能になる。これからますます脳の外在化が進み、アーティスト荒川修作が言っていたように、意識は偏在する。いままでは、科学とは、女神のベールをはいでその顔を拝むというメタファーが用いられていたが、気が付くと自分自身のベールをはいでいた感じ。そこから不思議な「輪っか」が開き始める。
現在のサイエンス・アートは、外部の可能世界の構築を表層的に進めるあまり、人の脳内の仮想世界は逆に縮んでしまった。脳内の仮想世界を質的にもっと広げてやらないといけない。それが芸術教育では?
そのためには、芸術と一見無関係なことを真剣にやる。ガソリンスタンドで働いたり、Googleに研修にいったり、場の理論をやったり……、そこからしか輪っかは開かない。

PROFILE
池上高志/Takashi Ikegami
東京大学 総合文化研究科 教授。PhD. 物理学。複雑系・人工生命の研究のかたわら、渋谷慶一郎、evala、新津保健秀らとのアート活動も行っている。著作に、『生命の進化的シナリオ』(朝倉,共著1998)、『動きが生命を作る』(青土社2007)、『生命のサンドウィッチ理論』(講談社 2013) 、アート作品に、Filmachine (YCAM, 2006), Mind Time Machine (YCAM, 2010), Rugged TimeScape (Foil, 2010), Sensing the Sound Web (2012), Bird Song Diamond (Tsukuba, 2014, 2016) などがある。http://sacral.c.u-tokyo.ac.jp/

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw