• TOP
  • What is Art Science(FOR YOU)?

STELARC

2016.06.04

STELARC

ARTIST

1960年代後半からわたしは、自分の体の信号や音を増幅させたり、体の内側を撮影したフィルムを作ったりと、自分のパフォーマンスにテクノロジーを使ってきました。しかしそれはサイエンスというより、テクノロジーの話です。アートとサイエンスをつなぐものはテクノロジーであり、何かの方法論ではありません。
アーティストはテクノロジーを、情報伝達ではなく情動やインパクトのために使い、サイエンティストはそれを観察や計測のために使います。一方、アーティストがテクノロジーと出会うことで、思わぬ使い方が生まれてくることがあります。アーティストはテクノロジーをハックし、サイエンスを解剖するのです。アート・リサーチと呼ばれるものは、真っ正面から芸術的なプラクティスに挑むことです。
アートはものごとを肯定するものではなく、不安や矛盾、不確かなことを想起させるものでなければなりません。わたしたちがときにアートとサイエンスを混同してしまうのは、アーティストがダメな研究をしていたり、サイエンティストがダメなアートを作っていたりするときでしょう。

PROFILE
STELARC/STELARC
オーストラリア出身のパフォーマンス・アーティスト。テクノロジーが可能にする身体の拡張を探求し、ロボティクスで製作した「第三の腕 Third Hand」、またその動きをインターネット上のユーザーに任せた「パラサイトParasite」パフォーマンスなどで知られる。自らの腕にインターネットに接続された第三の耳を構築する「Ear on Arm」プロジェクトで、2010年にプリ・アルスエレクトロニカ、ハイブリッドアート部門のゴールデンニカ(最優秀賞)を受賞。

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw