• TOP
  • LAB
  • ステージはどこまで拡張するか? アートサイエンス×ポピュラーダンスのコラボ舞台『NEO N.』

LAB

2020.04.13

ステージはどこまで拡張するか? アートサイエンス×ポピュラーダンスのコラボ舞台『NEO N.』

PHOTO BY YOSHIKAZU INOUE

ステージはどこまで拡張するか? アートサイエンス×ポピュラーダンスのコラボ舞台『NEO N.』

近年、ダンスと映像・テクノロジーの融合により、ステージ表現はさらなる可能性を拡張しはじめている。大阪芸術大学でもまた、芸術学環プロジェクトとして舞台芸術学科のポピュラーダンスコースとアートサイエンス学科のコラボレーションとなるダンスマッピング『NEO N.』が実施された。当日のフォトアーカイブをお届けする。

2019年度で3回目を迎えるダンスマッピング公演。1回目はダンスと映像中心の演出だったが、回を重ねるごとにLED演出やプロジェクションマッピングなどテクニカルな要素を加え、新たなステージ表現の可能性を探っていった。 


 

アートサイエンス学科の2回生、3回生、舞台芸術学科ポピュラーダンスコースの4回生がチームを結成し、プロフェッショナルの舞台監督やクリエイターである教授・講師陣のアドバイスを受けて制作。約1時間の公演のうち、5つのシーンが登場。それぞれのシーンごとにチームを編成して制作が進められていった。 

仮面にLEDを取り入れる演出も

本公演のテーマは「光」。自分たちを取り巻くデジタル空間の中にある無数の光をさまざまなパースペクティブから見つめるなかで、自分が自分であることを見つめ直すストーリーだ。当日の観客は120人、オンライン中継も同時に行い、オンライン観客は1000人にものぼったという。ジャンルを横断した学生たちの挑戦は今後もさらなる発展を遂げることだろう。

『NEO N.』
大阪芸術大学 舞台芸術学科ポピュラーダンスコース / アートサイエンス学科
開催日程:​ 2020年2月20日(木)
会場: 大阪芸術大学 20号館ホール

 

CREDIT

24273239 1678064325592885 1634325354 n
PHOTO BY YOSHIKAZU INOUE
1976年生まれ。1997年頃から関西のアーティストやバンドのライブ写真を撮り始める。 その後ライブ撮影を続けながら雑誌、メディア、広告媒体にも活動を広げ2010年から劇団維新派のオフィシャルカメラマンとなりそれ以降、数々の舞台撮影を行う。2015年に株式会社井上写真事務所を設立し活動の幅を広げながら継続してライブ、舞台に拘った撮影を続けている。 http://www.photoinoue.com/

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw