ARTICLE'S TAGS

WT

2017.08.01

『ART SCIENCE is.』発売決定

「アートサイエンス」とは何でしょうか?
2017年、大阪芸術大学に新設されたアートサイエンス学科。この新たな教育カリキュラムが目指す先には、アートとサイエンスという異分野がつながり、衝突し合うことで、一人ひとりの想像力とクリエイティビティを刺激していく、そんな未来の可能性が込められています。日々目まぐるしいスピードで変化するこの現代において、「アートサイエンス」は何を生み出していくのでしょうか。

今秋発刊する書籍『ART SCIENCE is.』は、現在の「アートサイエンス」の未来を問う1冊です。

申し込み方法は後日こちらのページにてお知らせいたします。お楽しみに。

 

書籍内容
Chapter 1. アートサイエンスの歴史と現在​

これまでアートとサイエンスはどのように結びついてきたのでしょうか?

両者が恊働と摩擦を繰り返しながら、新たな地平を開拓してきた歴史と現在を5つのジャンルから振り返り、豊富なビジュアルと共に紹介します。

 ・Astronomy×ART 宇宙×アート

 ・Biology×ART バイオロジー×アート

 ・Computer×ART コンピュータ×アート

 ・Data×ART データ×アート

 ・Ethnology×ART 人類学×アート

Chapter 2. What is Art Science for you?

「あなたにとってアートサイエンスとは?」

アーティスト、科学者、カタリスト、キュレーター、

アートとサイエンスの最前線に立つ国内外の人々に、

このフィールドが切りひらく未来の可能性について尋ねました。

Chapter 3. 世界のアートサイエンス機関

世界各国に存在する、アートとサイエンスをつなぐ取り組み。

画期的な挑戦を続けるアートセンターや文化機関を紹介します。

 

紹介機関:アルスエレクトロニカ(オーストリア)/Arts@CERN(スイス)/ステレオリュクス(フランス)……ほか多数

Chapter 4. アートサイエンスシンポジウム

8月2日、大阪グランキューブで開催される大阪芸術大学アートサイエンス学科主催のシンポジウム。豪華スピーカー陣たちが語った、現在進行形のアートサイエンスの「いま」をお届けします。

登壇者:武村泰宏(アートサイエンス学科学科長)/萩田紀博(ATR)/石井裕(MITメディアラボ)/ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ芸術監督)/猪子寿之(チームラボ)/村松亮太郎(ネイキッド)/木村浩康 + 塚本裕文(ライゾマティクス)/塚田有那(BoundBaw編集長)

 

書籍情報

発売日:10月中旬(予定)
出版:大阪芸術大学

価格:2,200円(税別) ※価格は変更になる可能性がございます。
頁数:144ページ(予定)

STAFF
発行人:大阪芸術大学
クリエイティブディレクション:内藤久幹
監修:阿部一直
編集長:塚田有那(Bound Baw 編集長)
編集:桜井祐(TISSUE Inc.)、八木あゆみ(Bound Baw)
デザイン:LABORATORIES

 

 

CREDIT

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw