• TOP
  • WORLD-TOPICS
  • 電子音楽・デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」渋谷にて12/11〜15の4日間開催

WT

2019.12.02

電子音楽・デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」渋谷にて12/11〜15の4日間開催

TEXT BY AYUMI YAGI

カナダ・モントリオール発祥のオーディオヴィジュアルアートと電子音楽の芸術フェスティバル「MUTEK.JP」が、12月11日(水)〜15日(日)まで渋谷各所にて開催される。日本での開催は4回目となる「MUTEK.JP」では、今年もデジタルアートの可能性を探求する日本と世界のアーティストが一挙に集結。独創的で革新的なオーディオビジュアルライブが繰り広げられる貴重な5日間になるだろう。

最先端の表現を味わう、刺激的な5日間

「MUTEK.JP」は5日間にわたって、渋谷の7会場でさまざまなプログラム(有料・無料)が行われる。有料プログラムの多くに参加したい人は、全会場を自由に行き来できる「5日間パスポート」を購入するのがお得。または各プログラムごとのチケットも購入できる。

連日魅力的なプログラムが用意されており、12月14日(土)は唯一のオールナイトプログラムも開催予定。特に注目したいプログラムであるオーディオビジュアルライブの舞台を着席で鑑賞できる“A/Visions”(2公演・有料)は、今年リニューアルオープンしたばかりの次世代エンターテインメントホール「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」にて開催。2夜とも魅力的なプログラムとなっており、見逃し厳禁だ。

Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY × Kyle McDonald [JP+US]

12月14日(土)には、真鍋大度&石橋素が率いるRhizomatiks Research、演出振付家のMIKIKOが率いるダンスカンパニーELEVENPLAY、そして米国メディアアーティストのカイル・マクドナルドのコラボレーションによるダンスパフォーマンス「discrete figures」が行われる。機械学習テクノロジーとインタアクティブなダンスが混合し、創造性に富んだプロフェッショナルが集まった先駆的なパフォーマンスとなるはずだ。

さらに、アルスエレクトロニカ"Digital Musics & Sound Art部門ゴールデン・ニカ(大賞)"を受賞し、カナダ・モントリオールのMUTEK20周年でも大絶賛のオーディオビジュアル・パフォーマンスを披露した黒川良一が「subassemblies」を日本初披露する。こちらもお見逃しなく。
* 「宇宙物理学×オーディオビジュアルの挑戦《unfold》黒川良一インタビュー」
http://boundbaw.com/world-topics/articles/5

MUTEK "A/Visions 1"

日時:12月14日(土)開場17:00/開演18:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料金:前売6,000円、当日7,000円
Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY × Kyle McDonald [JP+US]
Ryoichi Kurokawa [JP]

Robert Henke [DE]

最終日となる12月15日(日)のフィナーレを彩るプログラムは、Robert Henkeのレーザーインスタレーションライブ「Lumière Ⅲ」。時間軸と空間の概念を覆すリアムタイムのレーザー光線と、パーカッシヴなオーディオで観客を意識的な瞑想状態にかける。Bound BawによるRobert Henkeへのインタビューもあわせてチェックを。

音楽家Monolakeが問う、現代のアートサイエンス

あわせて振付家/ダンサー/ビジュアルアーティストの梅田宏明による圧巻のオーディオビジュアルライブ・ダンスパフォーマンスと、カナダ・ケベックから光の反射によるインスタレーションとビデオアートで独自のオーディオビジュアルライヴを披露する3人組Falaisesが出演する。

MUTEK "A/Visions 2"

日時:12月15日(日)開場17:00/開演18:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料金:前売6,000円、当日7,000円
Falaises [CA/QC]
Hiroaki Umeda [JP]
Robert Henke [DE]

国内でこれだけのラインナップが一堂に会し、ハイレベルなパフォーマンスを次々と味わえる機会はなかなかない。年々パワーアップする「MUTEK.JP」の刺激的なプログラムをぜひ、体感してほしい。

 

INFORMATION

MUTEK.JP 2019

https://mutek.jp

日 程:2019年12月11日(水)~15日(日)

会 場:Hikarie Hall / SHIBUYA STREAM Hall / LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) / LIQUIDROOM / EDGEof / SHIBUYA QWS / UltraSuperNew Gallery

料 金:MUTEK 5日間パスポート(23,000円)

※各プログラムごとのチケットは各イベント詳細をご確認ください。 ※オールナイト公演は20歳未満ご入場できません。一部のプログラムは入場規制する場合がございます。

出 演:Akiko Nakayama [JP] // Alexis Langevin-Tétrault [CA/QC] // Alternative Machine [JP] // CD Hata x Koyas [JP] // Chloé Juliette [FR/JP] // Daito Manabe + Kamitani Lab [JP] // Dramian [MX] // Fake Eyes Productions [JP] // Falaises [CA/QC] // gadara [JP] // Hiroaki Umeda [JP] // Intercity-Express & Push 1 stop [JP+CA/QC] // Katimi Ai [JP] // Ken Furudate [JP] // Kode 9 & Koji Morimoto [UK+JP] // Konx-Om- Pax [UK] // Kuniyuki x Soichi Terada x Sauce81 [JP] // LADA (Dasha Rush & Lars Hemmerling) [RU+DE] // Line Katcho [CA/QC] // Mari Sakurai [JP] // Masashi Hirao x Saskiatokyo [JP] // Mayu Amano [JP] // Myriam Bleau [CA/QC] // nor [JP] // Norimichi Hirakawa [JP] // Oslon [KR] // Öspiel [FR/KR] // Peter Kirn [US/DE] // Push 1 stop & Wiklow [CA/QC] // RAMZi [CA/QC] // Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY × Kyle McDonald [JP+US] // Risa Taniguchi [JP] // Robert Henke [DE] // Rrose [US] // rubi [DE] // Rutger Muller [NL] // Ryoichi Kurokawa [JP] // Sakura Tsuruta & asagi [JP] // Saskiatokyo [JP] // Sebu Hiroko [JP] // Seiho [JP] // SO [JP] // Toe on net [JP] // Veronica Vasicka [US] // VJ Manami [JP] // vōx [US] // Yosi Horikawa [JP] // Yuzo Koshiro & Motohiro Kawashima [JP]

主 催:一般社団法人MUTEK Japan
特別協力:KDDI株式会社
特別協賛:東急株式会社
協 賛:第23回文化庁メディア芸術祭、Canada Goose
助 成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
後 援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所、アンスティチュ・フランセ東京、 渋谷区、一般社団法人渋谷未来デザイン、渋谷エンタメテック推進プロジェクト

 

 

CREDIT

Aymyg 3
TEXT BY AYUMI YAGI
三重生まれ、東京在住。紙媒体の編集職として出版社で経験を積んだ後、Web制作会社へ転職。Web制作ディレクションだけではなく、写真撮影やWeb媒体編集の経験を積みフリーランスとして独立。現在は大手企業のブランドサイトやコーポレートサイトの制作ディレクターや、様々な媒体での執筆や編集、カメラマンなど職種を問わず活動中。車の運転、アウトドア、登山、旅行、お酒が好きで、すぐに遠くに行きたがる。

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw