• TOP
  • WORLD-TOPICS
  • 目には映らない「映画」が誕生。evalaのインビジブル・シネマ《Sea, See, She―まだ見ぬ君へ》

WT

2020.01.21

目には映らない「映画」が誕生。evalaのインビジブル・シネマ《Sea, See, She―まだ見ぬ君へ》

TEXT BY ARINA TSUKADA

See by Your Ears(耳で視る)”をコンセプトに活動するサウンドアーティスト evalaが、今度は「映画」に初挑戦する。といっても、音楽家がカメラを回すのではない。真っ暗闇のなかで、音だけの世界で「映画的体験」を生み出すという。2020年1月24日(金)〜26日(日)の3日間、青山・スパイラルホールで開催されるインビジブル・シネマ《Sea, See, She―まだ見ぬ君へ》の全貌とは。

ことばを持つ前の人類は、どんな物語を共有していたのだろうか?
古来、人々は音楽を奏で、ともに踊ることで、共同体の物語を紡いでいたのではないだろうか。そして2020年、人間が本来持つ知覚を呼び起こし、音から物語を描く「映画」が誕生する

真っ暗闇のなか、たったひとりで小さな部屋から奏でられる音に耳をすます。そんなevalaの代表作《Anechoic Sphere》は、鑑賞者の多くが「景色が視えた」と感想を口にする。暗闇のなかでも、一人ひとりの内側からイメージが湧き上がってくる。そんな体験をつくりだすevalaの音の魔法と、その可能性についてはこれまでBound Bawで何度も取り上げてきた。

関連記事:
「日本庭園で、音の宇宙に入り込む。聴象発景 / evala (See by Your Ears) feat. 鈴木昭男」
音から、都市と生命をつくりだす。サウンドアーティストevala「See by Your Ears」の挑戦


そんなevalaが挑戦する映画とはどんなものだろうか?

《Sea, See, She―まだ見ぬ君へ》。遠いどこかの海辺に佇む、老婆にも少女にも見える女性ーー。この映画は、溢れ出る豊穣な音に耳をすませるだけで、森の中にも、深海にも、あらゆる時空間へと観客を誘い、それぞれの心象風景の中に無数の物語を生み出していく

この試みはまた、“暗闇の中に映画を視る”という新たな映画体験を生み出すと同時に、立体音響システムを駆使したevala独自の作曲手腕によって、従来の映画館をアップデートする先端事例を提示する試みでもある。マルチチャンネルのイマーシブなサラウンド音響技術を用いて、豊穣な音の空間を会場に展開する。

また、ドキュメンタリー映画『太陽の塔』をはじめ、哲学的なビジュアル世界で絶大な評価を得る映画監督・関根光才が、evalaの作品世界に共鳴して本プロジェクトに参加。2人は今夏公開された、国内最大級の「IMAXレーザー®/GTテクノロジー」シアターのためのショートフィルム『TRANSPHERE』以来のタッグとなる。

2020年1月24日(金) 〜 26日(日)の3日間、今年8月にスパイラルホールで開催されたプレ公演を経て、 待望のワールドプレミア上映が実施される。それはビジュアル偏重を極める現代社会に一石を投じる、革命的な体験​となるはずだ。

INFORMATION

●開催概要
インビジブル・シネマ《Sea, See, She―まだ見ぬ君へ》
日程 2020.1.24 (金) - 1.26 (日)
上映時間    約70分 各日6回上映(各回入れ替え制)
①11:00/②12:40/③14:20/④16:20/⑤18:00/⑥19:40
※開場は各上映開始時間の20分前

チケット 一般 3,100円(税込)/ 当日 3,600円(税込) 全席自由
[お申込み方法]Peatixより購入
https://invisiblecinema.peatix.com

会場 スパイラルホール
住所 東京都港区南青山5-6-23(スパイラル3F)
主催 See by Your Ears
会場協力 株式会社ワコールアートセンター
問合せ先 info@seebyyourears.jp

●関連番組
*Bound Baw編集長・塚田有那が出演します。


SUPER DOMMUNE OPENING BASH DAY2  
2020/01/24 (FRI) 
●19:00-21:00

evala「Invisible Cinema」Sea、See、Sheーまだ見ぬ君へー」SPECIAL!!
出演:
evala(See by Your Ears)
関根光才(NION)
塚田有那(Whole Universe/Bound Baw)
SELECTOR: JEMAPUR

●21:00-24:00
「DARREN EMERSON at SUPER DOMMUNE」
DJ: DARREN EMERSON(ex Underworld、EVOLVE|from LONDON)
Asato Sakamoto(syncilow|Apnea)
https://www.dommune.com/

 

CREDIT

 dsc0476
TEXT BY ARINA TSUKADA
「Bound Baw」編集長。編集者、キュレーター。「領域を横断する」をテーマに幅広く活動する。サウンドアーティストevalaのサウンドプロジェクト「See by your ears」マネージャー。2010年、サイエンスと異分野をつなぐ「SYNAPSE」を若手研究者と共に始動。12年より、東京エレクトロン「solaé art gallery project」のアートキュレーター。編著に『マリー・アントワネットの嘘』(講談社)『メディア芸術アーカイブス』『インタラクション・デザイン』(BNN新社)、ほか「WIRED」など執筆歴多数。 http://arinatsukada.tumblr.com/

page top

ABOUT

「Bound Baw」は大阪芸術大学アートサイエンス学科がプロデュースする新しいWebマガジンです。
世界中のアートサイエンスの情報をアーカイブしながら、異分野間の知見とビジョンを共有することをテーマに2016年7月に運営を開始しました。ここから、未来を拡張していくための様々な問いや可能性を発掘していきます。
Bound Baw 編集部

VISION

「アートサイエンス」という学びの場。
それは、この多様で複雑な時代に「未来」をかたちづくる、新たな思考の箱船です。
そして、未知の航海に乗り出す次世代クリエイターのためのスコープとして、アートやデザインなどの表現・文化の視点と、サイエンスやテクノロジーの視点を融合するメディア「バウンド・バウ」が誕生。境界を軽やかに飛び越えた、冒険的でクリエイティブな旅へと誘います。

VISUAL
CONCEPT

サイトトップのビジュアルは大阪芸術大学の過去の卒業制作の画像データを、機械学習技術によって作品の特徴を捉えた抽象化されたデータに変換し、その類似性をもとづいて3D空間上に分布させることで構成されています。これは、これまで学科という枠組みの中からその表現方法が考えられてきた従来の芸術教育に対して、既存の枠組みを取り払い、より多角的で新たな視点(=アートサイエンスの視点)をもって、大阪芸術大学を再構築する試みのひとつです。

STAFF

Editor in Chief
塚田有那
Researcher / Contributor
森旭彦
原島大輔
市原えつこ
yang02
服部聡
Editorial Manager
八木あゆみ
制作サポート
communication design center
Rhizomatiks
STEKWIRED
armsnox
MountPosition Inc.
close

bound baw